19歳フェルナンデスが初の4強 全米OPテニス第9日 - 産経ニュース

メインコンテンツ

19歳フェルナンデスが初の4強 全米OPテニス第9日

女子シングルス準々決勝でプレーするレイラ・フェルナンデス=ニューヨーク(ゲッティ=共同)
女子シングルス準々決勝でプレーするレイラ・フェルナンデス=ニューヨーク(ゲッティ=共同)

テニスの全米オープン第9日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、女子シングルス準々決勝で19歳のレイラ・フェルナンデス(カナダ)が第5シードのエリナ・スビトリナ(ウクライナ)を6―3、3―6、7―6で破り、四大大会で初の4強入りを果たした。準決勝で第2シードのアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)と当たる。

男子シングルス準々決勝では2019年大会準優勝で第2シードのダニル・メドベージェフ(ロシア)が勝ち、3年連続で準決勝に進出した。第12シードのフェリックス・オジェアリアシム(カナダ)は四大大会で初めてベスト4に入り、準決勝で両者が顔を合わせる。(共同)