渋野日向子「予選通れるようにしたい」遠征明けで日本女子プロ - 産経ニュース

メインコンテンツ

渋野日向子「予選通れるようにしたい」遠征明けで日本女子プロ

【女子ゴルフ『第54回日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯』指定練習日】笑顔でテレビインタビューにこたえる渋野日向子=茨城県常陸大宮市の静ヒルズカントリークラブ(戸加里真司撮影)
【女子ゴルフ『第54回日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯』指定練習日】笑顔でテレビインタビューにこたえる渋野日向子=茨城県常陸大宮市の静ヒルズカントリークラブ(戸加里真司撮影)

ゴルフの日本女子プロ選手権の開幕を翌日に控えた8日、英国遠征後の隔離期間を終えた渋野日向子が会場の茨城県静ヒルズCCで練習し「しっかりと4日間戦えるよう、最低限、予選を通れるようにしたい」と控えめに抱負を語った。

約1カ月半ぶりの日本ツアー。この日はグリーン周りからいろいろな球筋を試すなど丁寧にコースを下見。国内四大大会らしく、ラフも長くグリーンも硬い厳しい設定に対し「対応できるか、一打一打を大事にしたい」と表情を引き締めた。

8月のAIG全英女子オープンでは好調のパットを武器に一時は首位に立つなど見せ場をつくった。「ぼろも出たけど、ちょっとずつ前に進めているなと再確認できた」と渋野。帰国後の隔離で大半を過ごした実家では父が手作りした練習施設でスイングのテンポを確認。今後に「いろんなことを試し挑戦して結果も残せるように頑張りたい」と意気込みを語った。