空飛ぶ車「USJと夢洲結ぶ」 24年、大阪湾での実用化目指す - 産経ニュース

メインコンテンツ

空飛ぶ車「USJと夢洲結ぶ」 24年、大阪湾での実用化目指す

大阪湾を飛行する「空飛ぶ車」のイメージ(大阪府提供)
大阪湾を飛行する「空飛ぶ車」のイメージ(大阪府提供)

大阪府の吉村洋文知事は8日の記者会見で、人を乗せて空を移動する「空飛ぶ車」の開発企業「スカイドライブ」(東京)と連携協定を結ぶと発表した。2025年大阪・関西万博を見据え「24年にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンと万博会場の夢洲を結ぶなど、大阪湾での実用化を目指す」と言及した。

「空飛ぶ車」のイメージ(大阪府提供)
「空飛ぶ車」のイメージ(大阪府提供)

スカイドライブはトヨタ自動車出身の技術者らが設立し、空飛ぶ車と物流ドローンの開発などを手掛ける。協定は14日に同社と大阪府、大阪市の3者で締結される。協定に基づき空飛ぶ車の実証実験の他、必要性や利便性を市民に周知するなどの広報活動を共同で行う。

吉村氏は「大阪の古墳を空から見られるし、災害時にも活用できる次世代のモビリティ(輸送)。規制緩和も必要だが、ぜひ大阪から実現させたい」と意気込んだ。