都内初の「ミッドナイト接種」 港区が深夜0時まで実施 - 産経ニュース

メインコンテンツ

都内初の「ミッドナイト接種」 港区が深夜0時まで実施

東京都港区は、金曜日の夜に新型コロナウイルスワクチンを接種できる区民向け会場を設置すると発表した。「週末ミッドナイト接種」と銘打ち、17日から毎週金曜日の午後7時~午前0時に接種を実施する。みなと保健所(同区)によると、都内自治体で深夜の接種を行うのは初めて。

従来の集団接種会場では時間が合わず、土日も都合がつかない区民に接種機会を提供するのが狙いで、副反応が出た場合も土日に静養できることを配慮して金曜日とした。

接種率が比較的低い、現役の働き手世代や学生らが帰宅途中などに接種できるため、区の担当者は「仕事などの都合で打てなかった人の接種率向上を期待したい」としている。

対象は18歳以上の区民で、17日から11月26日の一部を除く毎週金曜日に東京グランドホテルで実施する。接種人数は各日100~400人、うち50~100人は急遽時間が空いた区民用の当日予約枠とした。

予約は9日から開始。当日予約は各日午後1時から、それぞれ区のホームページで受け付ける。