大谷、代打で二塁内野安打 DH制なく先発外れる - 産経ニュース

メインコンテンツ

大谷、代打で二塁内野安打 DH制なく先発外れる

パドレス戦の8回、代打で二塁内野安打を放つエンゼルス・大谷=サンディエゴ(共同)
パドレス戦の8回、代打で二塁内野安打を放つエンゼルス・大谷=サンディエゴ(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は7日、サンディエゴでのパドレス戦で2-0とリードの八回1死走者なしの場面に代打で出場、2番手左腕ヒルの初球、91マイル(約146キロ)のシンカーを弾き返し、二塁内野安打で出塁した。その後、三塁まで進んだが、盗塁はなかった。守備には就かず、1打数1安打で打率は2割5分7厘。チームは4-0で勝ち、連敗を2で止めた。

この日の大谷は、ナ・リーグのパドレス主催試合で指名代打制が採用されておらず、先発を外れていた。