基幹システムの装置が故障 みずほ銀障害 - 産経ニュース

メインコンテンツ

基幹システムの装置が故障 みずほ銀障害

みずほ銀行本店が入る大手町タワー=8月20日午前、東京都千代田区(桐山弘太撮影)
みずほ銀行本店が入る大手町タワー=8月20日午前、東京都千代田区(桐山弘太撮影)

みずほ銀行で8日に起きたシステム障害で、基幹システム「MINORI(みのり)」の取引共通基盤にあるディスク装置が故障し、障害が発生していたことが8日、みずほ銀行への取材で分かった。

みずほ銀行によると、取引共通基盤はシステムの重要部分であるためディスク装置が2つあり、このうち1つが故障した。故障した装置をシステムから切り離した際の影響によって、最大で約100台のATM(現金自動預払機)とインターネットバンキングが一時、利用できなくなったという。