住宅に発砲疑い男3人逮捕、標的誤ったか - 産経ニュース

メインコンテンツ

住宅に発砲疑い男3人逮捕、標的誤ったか

富山市の住宅に平成30年、銃弾のようなものが撃ち込まれる事件があり、富山県警は8日、拳銃を発砲したとして、銃刀法違反(発射)などの疑いで、横堀正人容疑者(46)=別事件で服役中=ら3人を逮捕した。住人とは面識も利害関係もないため、別の住宅と標的を誤ったとみて、県警は動機や経緯を捜査している。

他に逮捕したのは富山市稲代の会社役員、山下領一(49)と高岡市本丸町の建設業、梶川裕之(53)両容疑者。県警によると、3人は容疑を否認するか黙秘しているという。防犯カメラの映像などから特定し、発砲したのは横堀容疑者とみている。

逮捕容疑は、共謀して30年11月25日、富山市犬島の住宅に拳銃1発を発砲し、外壁に命中させたとしている。