米、タリバン政権に懸念 テロ組織との関連警戒か - 産経ニュース

メインコンテンツ

米、タリバン政権に懸念 テロ組織との関連警戒か

アフガニスタン・パンジシール州を制圧後、巡回するタリバンのメンバー=6日(ゲッティ=共同)
アフガニスタン・パンジシール州を制圧後、巡回するタリバンのメンバー=6日(ゲッティ=共同)

米国務省報道官は7日、アフガニスタンのイスラム主義組織タリバンが発表した暫定政権の閣僚の一部について「所属やこれまでの活動に懸念がある」との声明を発表した。具体名は挙げていないが、最強硬派「ハッカニ・ネットワーク」のハッカニ指導者の内相任命に警戒を強めているとみられる。

声明は閣僚の顔触れがタリバンかその関係者のみで構成され、女性がいないことにも言及。正式政権では、女性や少数派を排除しない「包括性」が必要だとの考えを示した。タリバンに対し、アフガンを再びテロの温床にせず、アフガン国民のために国外からの人道援助活動を許可することも求めた。(共同)