御堂筋に秋の訪れ、ギンナン色づく - 産経ニュース

メインコンテンツ

御堂筋に秋の訪れ、ギンナン色づく

御堂筋で色づき始めたギンナン=7日、大阪市中央区(前川純一郎撮影)
御堂筋で色づき始めたギンナン=7日、大阪市中央区(前川純一郎撮影)

大阪市内の中心部を貫くメインストリートの御堂筋で、ギンナンが鮮やかな黄金色に色づき始め、風に揺れている。

梅田から難波までの約4キロの御堂筋沿いに植栽されたイチョウは約950本。ギンナンは、そのうちの雌木(めぎ)約250本に鈴なりに実った。

通りを行き交うサラリーマンや買い物客らがギンナンの実を見つけ、足を止める姿も。秋空の下、早くも訪れた小さな秋を楽しんでいた。