7月の経常黒字24・5%増 コロナ影響減、経済活発化 - 産経ニュース

メインコンテンツ

7月の経常黒字24・5%増 コロナ影響減、経済活発化

財務省が8日発表した7月の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支の黒字額は、前年同月比24・5%増の1兆9108億円だった。増加は5カ月連続だった。新型コロナウイルス感染症の影響が前年と比べると和らぎ、経済活動が活発になった。黒字は85カ月(7年1カ月)連続。

経常収支のうち、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は6223億円の黒字となった。自動車や鉄鋼の輸出が伸びた。