兵庫知事も宣言延長を容認「解除は難しい」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

兵庫知事も宣言延長を容認「解除は難しい」

兵庫県の斎藤元彦知事=神戸市中央区
兵庫県の斎藤元彦知事=神戸市中央区

兵庫県の斎藤元彦知事は8日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言の期限をめぐり、県内の病床使用率が50%を越えていることなどを理由に「宣言解除は難しい」との見通しを示した。早ければ9日にも県の対策本部会議を開き、13日以降の対応を協議する。

この日の新規陽性者数は852人。1週間平均は729・1人で先月29日以降、11日間連続で減少しているが、病床使用率は70・8%で依然高い水準となっている。斎藤知事はこの日の会見で「(医療体制が)逼迫(ひっぱく)している。全然収束していない」と強調した。