臨時国会、10月4日召集軸 菅首相在任中の異例決定案 - 産経ニュース

メインコンテンツ

臨時国会、10月4日召集軸 菅首相在任中の異例決定案

国会議事堂=東京都千代田区(春名中撮影)
国会議事堂=東京都千代田区(春名中撮影)

政府は7日、菅義偉首相の後継を選出する臨時国会について10月4日召集を軸に調整に入った。菅首相の在任中に決定する案が浮上。衆院議員の任期満了(10月21日)前には衆院選を実施しないと明確にし、準備に当たる地方自治体の負担を減らす狙いがある。ただ、国会の会期や審議日程を現政権下で決めるわけにはいかず、次期首相に委ねる異例の形となる。

公選法は任期満了による衆院選に関し、満了日の30日前から前日の間に行うと定める。この間に国会を開けば、任期を超えた選挙も可能だ。今回は自民党総裁選(9月29日投開票)後、新首相を指名する衆参両院の本会議を開く必要があるため、任期満了前の衆院選は事実上なくなったとみられている。現政権が召集日を決めた場合でも、国会日程の組み方や衆院解散の是非と時期はいずれも次期首相の下での判断となる。