北朝鮮、前総参謀長が党中枢入り 軍序列1位交代でテコ入れ - 産経ニュース

メインコンテンツ

北朝鮮、前総参謀長が党中枢入り 軍序列1位交代でテコ入れ

朴正天氏(朝鮮通信=共同)
朴正天氏(朝鮮通信=共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は7日、朴正天・(パク・チョンチョン)前朝鮮人民軍総参謀長が党政治局常務委員と党書記に選出されたと報じた。政治局常務委員会は金正恩(キム・ジョンウン)総書記を含む5人体制の党最高指導部。6月に解任された李炳哲(リ・ビョンチョル)氏に代わって朴氏がメンバー入りし、軍部内の序列1位に浮上した形だ。

李氏は核・ミサイル開発を主導し、金氏に重用されてきたが、新型コロナウイルス対応をめぐって問責された。朴氏も軍元帥から次帥に降格されたものの、李氏とは明暗が分かれた。

金氏は軍幹部の更迭や抜擢(ばってき)を盛んに行い、軍部の掌握を進めてきた。今回も序列トップのすげ替えでテコ入れを図ったもようだ。

後任の総参謀長には工作機関の偵察総局のトップも務めたリム・グァンイル氏が就任。警察トップの社会安全相に元人民武力部長の張正男(チャン・ジョンナム)氏が起用された。