厚労省、コロナ休校の保護者助成を再開 個人申請も可能 - 産経ニュース

メインコンテンツ

厚労省、コロナ休校の保護者助成を再開 個人申請も可能

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関(佐藤徳昭撮影)
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関(佐藤徳昭撮影)

厚生労働省は7日、新型コロナウイルスの感染拡大で学校が臨時休校して子どもの世話をするために仕事を休まざるを得ない保護者を支援する助成金制度を再開すると発表した。今年3月末に終了していた。個人申請も可能。8月1日から12月末までに取得した休暇が対象で、都道府県労働局に助成金の相談窓口を設置する。

7月末までの休暇については、現在実施している「両立支援等助成金」で対応する。この制度では、企業しか申請できないため、保護者や労働団体から見直しの声が上がっていた。