米探査車、火星の岩石掘削 地球への持ち帰り目指す - 産経ニュース

メインコンテンツ

米探査車、火星の岩石掘削 地球への持ち帰り目指す

NASAの火星探査車パーシビアランスが試料採取した岩石。掘削で穴が開いている(NASA提供・共同)
NASAの火星探査車パーシビアランスが試料採取した岩石。掘削で穴が開いている(NASA提供・共同)

米航空宇宙局(NASA)は6日、火星探査車パーシビアランスが火星の岩石を掘削し、容器に保管することに初めて成功したと発表した。岩石は大昔の火星に微生物が生息していた場合に手掛かりを含むと期待されている。将来、別の探査機で回収し、地球に持ち帰って分析することを目指す。

NASAの火星探査車パーシビアランスが採取し、筒状の容器に入った岩石(中央)(NASA提供・共同)
NASAの火星探査車パーシビアランスが採取し、筒状の容器に入った岩石(中央)(NASA提供・共同)

NASAのネルソン局長は「極めて重大な成果で、驚くべき発見がもたらされることが楽しみだ」とコメントした。

パーシビアランスは2020年7月に米フロリダ州の空軍基地から打ち上げられ、今年2月に火星に着陸。9月1日にロボットアーム先端のドリルで岩石を掘削。筒状の容器に岩石が入っているのを画像を撮影して確認、密封した。容器には直径1・3センチ、長さ6センチの岩石試料10~15グラムが入るという。(ワシントン共同)

NASAの火星探査車パーシビアランスが試料採取のため岩石を掘削する想像図(NASA提供・共同)
NASAの火星探査車パーシビアランスが試料採取のため岩石を掘削する想像図(NASA提供・共同)