クラフトビールで就労困難者を支援(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

クラフトビールで就労困難者を支援

クラフトビール「巻風エール」を手にする高橋由佳さん=宮城県石巻市(石崎慶一撮影)
クラフトビール「巻風エール」を手にする高橋由佳さん=宮城県石巻市(石崎慶一撮影)

宮城・石巻 一般社団法人「イシノマキ・ファーム」代表理事 高橋由佳さん(57)

東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市で、耕作放棄地を活用して農業に取り組む一般社団法人「イシノマキ・ファーム」の代表理事を務める。法人では、引きこもりの人や障害者ら就労困難者と、他の従業員がともに働く「ソーシャルファーム」(社会的企業)の理念を掲げて活動している。

障害者の就職や就職後の定着を支援する専門職などを経て、平成23年に心に病を抱える人の就労支援を行うNPO法人を仙台市に設立。震災後、被災地の石巻市で引きこもりや不登校が増えていたことから、25年に高校生や若者の就学・就労支援、心のケアを行う事業所を設置した。

事業所では、地元の農家から借りた農地で、活動の一環として農業体験を取り入れた。「農地に来るとみんなが笑顔になりました。引きこもりの若者も休まずに農作業に来るようになった」と農業に「人を元気にする力」を見いだした。

そこで農業を中心とした就労支援の仕組みを構築しようと、同市北上町で築約130年の古民家を借りて拠点にし、28年にイシノマキ・ファームを立ち上げた。

ファームでは、高齢化や震災の影響で発生した耕作放棄地を借り、約1ヘクタールで野菜を栽培。農業は初心者だったが、地域の農家らの支援があった。29年からビールの原料となるホップの栽培を本格的に始め、収穫したホップは岩手県内の酒造会社に醸造を委託し、クラフトビール「巻風エール」が誕生した。名前には「震災後、全国からエールを送ってもらったので、今度は自分たちが石巻の風に乗せてエールを送りたい」との思いを込めたという。