マリナーズ菊池、今季最短KO 6失点で2回途中降板 - 産経ニュース

メインコンテンツ

マリナーズ菊池、今季最短KO 6失点で2回途中降板

アストロズ戦に先発し、1回⅔を6失点だったマリナーズ・菊池=ヒューストン(USAトゥデー・ロイター=共同)
アストロズ戦に先発し、1回⅔を6失点だったマリナーズ・菊池=ヒューストン(USAトゥデー・ロイター=共同)

米大リーグは6日、各地で行われ、マリナーズの菊池はアストロズ戦に先発し、1回⅔を3安打6失点(自責点4)、4四球で8勝目はならなかった。

マリナーズの菊池は制球が定まらず、今季最短の1回⅔でマウンドを降りた。

一回の先頭を四球で歩かせる立ち上がり。何とかこの回は無失点で切り抜けたが、二回も先頭から3連続四球。この後二ゴロ失で2点を先制され、さらに甘いチェンジアップを左越え本塁打されるなどで一気に突き放された。

アストロズ戦は今年6度目の登板。リーグ屈指の強力打線に対し、今季初勝利を挙げた4月29日、前回といずれも7回無失点と好投した一方、この日は序盤に大量点を失い、波の激しい結果となっている。(共同)

>マリナーズ菊池、8敗目喫す 1回2/3を3安打6失点