中国系組織幹部ら4人逮捕 現金奪い、知人に暴行容疑 - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国系組織幹部ら4人逮捕 現金奪い、知人に暴行容疑

警視庁上野署に入る「チャイニーズドラゴン」幹部の趙成龍容疑者=6日午前11時10分、東京都台東区
警視庁上野署に入る「チャイニーズドラゴン」幹部の趙成龍容疑者=6日午前11時10分、東京都台東区

知人男性宅に押し入り、暴行を加えて現金などを奪ったとして、警視庁組織犯罪対策2課は6日、強盗致傷容疑で準暴力団「チャイニーズドラゴン」幹部の趙成龍(ちょうせいりゅう)容疑者(35)=中国籍、東京都墨田区=ら30~38歳の男女4人を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。趙容疑者は、以前から知人男性と金銭をめぐってトラブルになっており、犯行を計画したとみられる。

逮捕容疑は7月14日午前0時過ぎ、荒川区東日暮里の30代中国人男性宅に複数人で押し入り、結束バンドで両手首を縛ったほか、頭部や腕を警棒で殴るなどの暴行を加えて脅し、現金約90万円と携帯2台を奪ったとしている。男性は全治約4週間のけがをした。

捜査関係者によると、趙容疑者らは現金を奪った後、男性とともに台東区内の銀行まで車で移動し、現金を引き出すよう要求。1人で入店した男性が、隙を見て銀行員に助けを求めたため、趙容疑者らはその場から逃走していた。

組対2課は、4人のほかにも実行役が2人いるとみて、行方を追っている。

中国残留孤児2世らで構成されるチャイニーズドラゴンは、みかじめ料の徴収や薬物の密売などで資金を得ているとみられる。殺人や強盗などの凶悪犯罪に関与したとしてメンバーが逮捕されるケースは後を絶たず、警察当局との攻防が続いている。

平成26年7月には東京都豊島区池袋の喫茶店で、グループの男が妻を拳銃で射殺する事件が発生。同12月には港区六本木の飲食店で知人男性の背中を刃物で刺したとして関係者の男が殺人未遂容疑で逮捕された。給与を担保に現金を貸し付ける「給与ファクタリング」を悪用した事件では、幹部の男が首謀者として関与。昨年10月に貸金業法違反容疑で逮捕された。

チャイニーズドラゴンは中国残留孤児の子弟らが昭和60年代に結成した暴走族「怒羅権(ドラゴン)」がルーツ。その後、暴力を用いて集団犯罪を繰り返すようになり、警察庁が平成25年に準暴力団に認定。捜査員らの間でチャイニーズドラゴンと呼ばれるようになった。警視庁幹部は「カネのためなら手段を選ばない集団」とみる。

警視庁が認定するメンバーは400人以上。東京では歌舞伎町や上野、池袋などに支部を持ち、それぞれに総長を置く。指定暴力団・住吉会の2次団体「幸平一家」との〝二足のわらじ〟を履くメンバーもいるとされる。

埼玉県の西川口周辺でも活動を活発化。今回逮捕された趙成龍容疑者がトップとみられる。

日本人も増えているとみられ、捜査幹部は「組織が拡大しないように引き続き取り締まりを強化していく」と話した。