栃木県が緊急事態宣言の延長を要請 - 産経ニュース

メインコンテンツ

栃木県が緊急事態宣言の延長を要請

栃木県の福田富一知事(根本和哉撮影)
栃木県の福田富一知事(根本和哉撮影)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う国の緊急事態宣言をめぐり、栃木県の福田富一知事は7日、同県に適用されている今月12日までの期限を延長するよう、菅義偉首相に文書で要請したと明らかにした。

文書では、県内の新規感染者数や全療養者数は減少傾向だが、いまだに指標の大半が「緊急事態措置レベル」だと指摘。50%台を上回る病床使用率や20%程度にとどまる入院率を挙げ、「医療提供体制への負荷を何としても減らすため」に宣言の期限を延長するよう求めている。