ケフィア元幹部らを提訴 18人、5・9億円賠償請求 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ケフィア元幹部らを提訴 18人、5・9億円賠償請求

東京地裁が入る建物(今野顕撮影)
東京地裁が入る建物(今野顕撮影)

加工食品のオーナー制度で多額の資金を集め、1000億円超の負債を抱えて破産した通信販売会社「ケフィア事業振興会」と契約を結んだ男女18人が7日、高い利回りをうたうなど組織的な違法行為があったとして、同社の元幹部ら18人に計約5億9000万円の損害賠償を求め、東京地裁に訴えを起こした。

訴状によると、原告は北海道や東京都、愛知県などに住む50~90代の男女。平成29年以降、同社と加工食品のオーナー契約やバイオマス発電事業への出資契約を結び、1人当たり175万~9670万円を支払ったとしている。元幹部らの一部は詐欺罪などで有罪判決が確定している。

原告の1人で約500万円を失った東京都の女性(72)は提訴後に記者会見し「退職後に旅行などを楽しむためのお金だったのに、悔しい。被害をきちんと弁償してもらいたい」と話した。