木の実凶作、〝都市グマ〟出現も 厳重警戒の新潟 - 産経ニュース

木の実凶作、〝都市グマ〟出現も 厳重警戒の新潟

新潟県内ではこの秋も、クマへの厳重警戒が必要になりそうだ。県はこの夏、冬眠前のクマが食べるブナなどの木の実のなり具合を調査。3年連続で実が全くならないか、なってもわずかとの結果になった。山に餌が少ないと、人里に現れるクマが増加する。専門家にこの秋の留意点と最新のクマ事情を聞いた。

新潟県阿賀町の定点観測用カメラに写ったツキノワグマ(新潟大学の箕口秀夫教授提供)
新潟県阿賀町の定点観測用カメラに写ったツキノワグマ(新潟大学の箕口秀夫教授提供)
3年連続で凶作

ランキング

  1. 【産経・FNN合同世論調査】退陣効果? 自民支持率、比例投票先共にアップ
  2. 横浜は日本最大級の盛り土都市 募る危険感
  3. 【産経・FNN合同世論調査】次の総裁、河野氏トップ 内閣支持率5カ月ぶり回復
  4. 中国、台湾産果物2種の輸入停止 蔡政権に圧力か
  5. ユニバーサル北京が開業 人気健在、チケット完売
  6. 水に流せぬ公務員のお粗末 栓なきプール1週間給水
  7. 【産経・FNN合同世論調査】コロナ対策、評価改善も退陣は妥当
  8. 「二階カード」失った小池氏、迫る衆院選に一手は
  9. 有原が戦力外に レンジャーズが発表
  10. 沈黙の学術会議は廃止を 慰安婦問題で民間団体

メインコンテンツ