公明代表「責任は極めて重い」 秋元被告実刑判決に - 産経ニュース

メインコンテンツ

公明代表「責任は極めて重い」 秋元被告実刑判決に

公明党の山口那津男代表(春名中撮影)
公明党の山口那津男代表(春名中撮影)

公明党の山口那津男代表は7日の記者会見で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐり収賄などの罪に問われた衆院議員、秋元司被告に実刑判決が下されたことについて「自民党をすでに離党しているとはいえ、『政治とカネ』の問題の一つであり、IR政策担当の副大臣でありながらこのような判決が出された。責任は極めて重い」と述べた。秋元被告は内閣府副大臣を務めていた。

山口氏は「判決が確定すれば公民権停止、失職も余儀なくされる重い内容だ。そのことを受けとめて今後の対応を求めたい」とも語った。

>IR汚職、秋元司被告に懲役4年の実刑判決 東京地裁