静岡で213人感染 週間指標減少続くも療養者まだ3000人超 - 産経ニュース

メインコンテンツ

静岡で213人感染 週間指標減少続くも療養者まだ3000人超

静岡県庁=静岡市葵区
静岡県庁=静岡市葵区

静岡県内で7日、新型コロナウイルスの新規感染者が213人確認された。直近1週間の人口10万人当たりでは、前日比7・4人減の60・2人で前週比0・60倍。また人口10万人あたり療養者数は95・3人と、19日ぶりに100人を割った。ただ療養者の総計はまだ3400人以上となっている。

7日正午現在、対応病床は前日から15床増えて計717床に拡充された。入院者は前日比16人減の411人で病床使用率は57・3%。うち重症は変わらず29人で同42・6%。使用率の地域別は中部61・5%、東部60・6%、西部51・4%。6日夕時点の自宅療養者は2752人。

7日の新規感染確認の地域別は静岡市68人、浜松市32人、焼津市17人、富士市と藤枝市が各14人など。御殿場市内の放課後児童クラブで同日までに児童6人の陽性が判明し、県は新たなクラスターと認定した。

静岡県は、135人と発表した6日確認の新規感染者について「129人」と訂正した。以前の発表との重複が判明したため。