公明代表「自民総裁選でコロナ対策停滞は許されず」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

公明代表「自民総裁選でコロナ対策停滞は許されず」

公明党の山口那津男代表(春名中撮影)
公明党の山口那津男代表(春名中撮影)

公明党の山口那津男代表は7日の記者会見で、自民党総裁選の影響で新型コロナウイルス対策が停滞してはならないとの考えを示した。「総裁選がコロナ対策と両立しないという菅義偉首相の認識にもあるように、いま政府として取り組まなければならない課題は極めて重い」と指摘。その上で「総裁選は総裁選として、国民に対して取り組むべきことはいささかもおろそかにしてはならないし、停滞は許されない。公明党も役割を果たしたい」と述べた。

総裁選のあり方については「選ばれる方が次の政府のリーダーになっていく可能性が極めて高い。国民に開かれた論戦を望みたい」と語った。