ドイツの駐中国大使死去 8月に就任したばかり - 産経ニュース

メインコンテンツ

ドイツの駐中国大使死去 8月に就任したばかり

英南西部コーンウォールで行われた米独首脳会談に、メルケル首相の外交・安全保障政策の顧問として同席したヘッカー氏(右から2番目)=6月12日(ロイター)
英南西部コーンウォールで行われた米独首脳会談に、メルケル首相の外交・安全保障政策の顧問として同席したヘッカー氏(右から2番目)=6月12日(ロイター)

ドイツ外務省は6日、ドイツのヘッカー駐中国大使(54)が死亡したと発表した。死因は不明。8月に就任したばかりだった。ロイター通信や中国メディアが伝えた。

在中国のドイツ大使館はヘッカー氏の死去を受けて「深く悲しみ、驚いている」とコメントを出した。中国外務省の報道官も6日の記者会見で「哀悼する。家族や大使館にできるだけの便宜を提供する」と話した。

ヘッカー氏は大使就任前、メルケル首相の外交・安全保障政策の顧問などを務めていた。(共同)