松山26位「マスターズは良かった」 米男子ゴルフの今季最終戦 - 産経ニュース

メインコンテンツ

松山26位「マスターズは良かった」 米男子ゴルフの今季最終戦

最終ラウンド、17番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算イーブンパーで26位=イーストレークGC(共同)
最終ラウンド、17番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算イーブンパーで26位=イーストレークGC(共同)

米男子ゴルフの今季最終戦、ツアー選手権は5日、アトランタのイーストレークGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、松山英樹は4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの70で回り通算イーブンパーで26位だった。

4バーディー、3ボギーの69で回った29歳のパトリック・カントレー(米国)が通算21アンダーで優勝。初のシーズン王者に輝きボーナスとして1500万ドル(約16億5000円)を獲得した。今季4勝で通算6勝目。ジョン・ラーム(スペイン)が1打差2位に入った。

前週までの戦績に応じた打数差をつけスタートした今大会の順位がそのままシーズン総合順位となる。新シーズンの初戦は16日に開幕する。

■松山英樹の話「最後はバーディーで終われてよかった。初日が悪すぎたけど、この3日間は少し伸ばせそうな雰囲気はあったのでもったいないなと感じた。今季はいい試合はほとんどなかったが、マスターズは良かったので、そこだけは褒めたいなと思う。早く休みたい」(共同)