東京パラ日本選手団が団旗返還式  金13個の活躍 - 産経ニュース

メインコンテンツ

東京パラ日本選手団が団旗返還式  金13個の活躍

東京パラリンピックが閉幕し、日本選手団の団旗をJPCの鳥原光憲会長(右端)に返還する河合純一団長。左側は(右から)旗手の岩渕幸洋と谷真海、浦田理恵副主将=6日午前、東京都内のホテル(代表撮影)
東京パラリンピックが閉幕し、日本選手団の団旗をJPCの鳥原光憲会長(右端)に返還する河合純一団長。左側は(右から)旗手の岩渕幸洋と谷真海、浦田理恵副主将=6日午前、東京都内のホテル(代表撮影)

5日に閉幕した東京パラリンピックに出場した日本選手団は6日、東京都内で団旗返還式を開催し、河合純一団長は「大変有意義で、大きな成果を挙げることができた。多様性と調和を象徴する日本代表が全力で取り組んだ証し」と総括した。

日本は57年ぶりの自国開催の大会で、金メダル13を含む計51個のメダルを獲得する活躍を見せた。式では旗手を務めた卓球男子の岩渕幸洋(協和キリン)とトライアスロン女子の谷真海(サントリー)が、河合団長を介して、日本パラリンピック委員会(JPC)の鳥原光憲会長に返還した。

副主将でゴールボール女子の浦田理恵(総合メディカル)も出席。主将で車いすテニス男子金メダルの国枝慎吾(ユニクロ)は全米オープン出場に向け、渡米のため欠席した。

ボトムコンテンツ