阪神、執念で首位を死守 6点差から価値ある引き分け - 産経ニュース

メインコンテンツ

阪神、執念で首位を死守 6点差から価値ある引き分け

【阪神―巨人】七回、左中間に同点二塁打を放つ阪神代打の糸井。阪神は6点差を追い付き、引き分けに持ち込んだ=9月5日、甲子園(門井聡撮影)
【阪神―巨人】七回、左中間に同点二塁打を放つ阪神代打の糸井。阪神は6点差を追い付き、引き分けに持ち込んだ=9月5日、甲子園(門井聡撮影)

一時は6点差をつけられた阪神が、執念の粘りをみせた。5日、本拠地甲子園に巨人を迎えての首位攻防3連戦の最終戦。六回に打者一巡の猛攻で4点を返し、七回に2点を挙げて追い付いた。七回2死一塁から代打で登場し、同点二塁打を放った糸井は「絶対に勝ちたい。それだけだった」とナインの思いを代弁。6-6の引き分けで首位を死守した矢野監督は「あきらめない、粘り強くやる野球ができた結果、追い付けた。勝ちに等しい引き分けだった」とうなずいた。

先発の秋山が立ち上がりに3点を失い、その後を受けて登板した藤浪は五回に岡本に3ランを浴びた。0-6と一方的にリードされる展開の中で、阪神の逆襲は六回に始まった。先頭の中野が三塁打。まず敵失で1点を返すと1死満塁とチャンスを広げ、代打原口が右前へ適時打を放つ。さらに梅野の二ゴロとロハスの中前打でこの回に4点を奪った。

そして七回、無死一塁から遊撃の広岡の失策で一、三塁に好機を拡大。糸原の二ゴロで1点差とし、糸井が追い込まれながらも低めの変化球を左中間にはじき返して同点に追い付いた。糸井は「みんな本当にムードが良い。どんなに点差があっても攻めていく、勝つという思いで一体となって戦えている」と強調した。 (上阪正人)