首相、意中の候補明言せず 河野氏支持の群馬知事に - 産経ニュース

メインコンテンツ

首相、意中の候補明言せず 河野氏支持の群馬知事に

菅義偉首相=6日午後、首相官邸(春名中撮影)
菅義偉首相=6日午後、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉首相は6日、群馬県の山本一太知事と官邸で面会した。山本氏が自民党総裁選(17日告示、29日投開票)で河野太郎ワクチン担当相を支持する意向を伝えたが、首相は意中の候補について明言しなかったという。面会後、山本氏が記者団に明らかにした。

山本氏は「河野氏を全力で応援するということについて、ご了解をいただいた」と説明。一方で、首相の総裁選への対応に関しては「自分がどうするという話はなかった」と述べた。

山本氏は首相との面会で、新型コロナウイルスワクチンの接種やデジタル庁設置などを挙げ「誰がやっても難しい1年間で菅首相じゃなければできなかったことがいっぱいある」と評価した。首相の様子に関しては、記者団に「非常に淡々と話をされ、元気だった」と語った。