大阪府 受験生ら対象のワクチン接種会場2カ所新設 - 産経ニュース

メインコンテンツ

大阪府 受験生ら対象のワクチン接種会場2カ所新設

大阪府庁
大阪府庁

大阪府は6日、新型コロナウイルスワクチンの接種会場を大阪市内に新たに2カ所設置すると発表した。対象は高校3年以上の受験生と重症化リスクが高い40~50代の府民で、米モデルナ製ワクチンを計2万2千人分確保。今月末から接種を始める。

府によると、新設する場所は府庁新別館南館(大阪市中央区)と、大同生命大阪本社ビル(同市西区)。

新別館南館は9月29日~11月21日の毎週水~日曜日に開く。受験生は土・日曜日に、40~50代は水~金曜日に接種し、計2万人を上限とする。

大同生命ビルは40~50代が対象。10月11日と同18日からの週、11月8日と同15日からの週の平日に、最大2千人の接種を行う。

いずれも予約は接種の1週間前をめどにインターネットで受け付ける予定。吉村洋文知事は受験生への接種について記者団に「(受験は)一生のうちで重要な機会だ。早めにワクチンを打ちたいという受験生の思いに応えたかった」と述べた。