船田氏、派閥主導に反対 総裁選「自主性尊重を」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

船田氏、派閥主導に反対 総裁選「自主性尊重を」

自民党の船田元・元経済企画庁長官(竹下派)は6日、党総裁選をめぐり、派閥による投票行動の締め付けに反対した。自身のメールマガジンで「誰がふさわしいか見極めることが重要だ。議員の自主性を尊重すべきだ」と強調した。

過去の総裁選について「派閥の合従連衡、数合わせに終始した」と批判。「同じことを繰り返せば、国民の心は自民党から完全に離れる」と危機感を示した。