天皇ご一家、皇居へご転居 - 産経ニュース

メインコンテンツ

天皇ご一家、皇居へご転居

引っ越しをされ、皇居・御所に入られる天皇、皇后両陛下と長女愛子さま=6日午後2時56分(代表撮影)
引っ越しをされ、皇居・御所に入られる天皇、皇后両陛下と長女愛子さま=6日午後2時56分(代表撮影)

天皇、皇后両陛下と長女の敬宮(としのみや)愛子さまは6日午後、代替わりに伴う引っ越しで、赤坂御所を出て皇居へ移られた。新型コロナウイルス禍に配慮し、ご一家は引っ越し作業の間、当初想定されていた地方の御用邸ではなく皇居・宮殿に滞在される。作業完了後の15日にも、皇居内の新御所で生活を始められる見通し。

両陛下と愛子さまは午後2時半ごろ、赤坂御所をご出発。お三方は車寄せで、秋篠宮ご夫妻のお見送りを受けて車に乗り込まれた。

2時40分ごろ、皇居内の新御所にご到着。天皇陛下は、皇位とともに受け継がれる「三種の神器」のうち、剣と璽(じ)(勾玉(まがたま))をささげ持った侍従を従え、皇后さま、愛子さまとともに新御所に入られた。剣璽を新御所に納めた後、ご一家は一時的な滞在先となる宮殿に移られた。

新たに「御所」となるのは、上皇ご夫妻が昨年3月まで住まわれた旧吹上仙洞(せんとう)御所。居住部分のほか、賓客の接遇に使われる広間や応接室、側近の事務室などがあり、老朽化した設備などの改修が今年6月に完了した。陛下はこれまで、宮殿での行事や宮中祭祀(さいし)のたびに赤坂御所から皇居に通われていたが、今後は皇居内の移動となる。

赤坂御所は今後、バリアフリー化などの改修工事を行い、上皇ご夫妻が現在お住まいの仙洞仮御所(東京都港区)から移り住まれる。改修工事の完了は来年度になるとみられる。

■「寂しさと深い感慨」両陛下、転居のご感想全文

■陛下、赤坂御所を後にされ「寂しさと深い感慨」