加藤氏、露の特区構想「遺憾」 北方四島めぐり - 産経ニュース

メインコンテンツ

加藤氏、露の特区構想「遺憾」 北方四島めぐり

会見に臨む加藤勝信官房長官=6日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=6日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、ロシアが実効支配する北方四島をめぐり、プーチン大統領が各国の投資を誘致する特別区設置構想を発表したことについて「遺憾だ」と表明した。プーチン氏が構想を発表した3日、外交ルートを通じてロシア側に申し入れを行ったと明らかにした。

加藤氏は同構想をめぐり「北方四島に関するわが国の立場、日露間で協議してきた共同経済活動の趣旨と相いれない」と強調した。ロシア法令を前提とした制度の導入や、日本を含む各国企業への関与の呼び掛けを問題視。「共同経済活動は、わが国の法的立場を害することなく実施する必要がある」と述べた。