乳児暴行死、父親に懲役9年判決 水戸地裁 - 産経ニュース

メインコンテンツ

乳児暴行死、父親に懲役9年判決 水戸地裁

生後約9カ月の次女に対する傷害致死などの罪に問われた男に判決を言い渡した水戸地裁の法廷=6日午後
生後約9カ月の次女に対する傷害致死などの罪に問われた男に判決を言い渡した水戸地裁の法廷=6日午後

茨城県ひたちなか市で平成30年、生後約9カ月の次女に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた無職高倉和樹被告(30)に、水戸地裁(結城剛行裁判長)は6日、懲役9年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。

検察側は論告で「ストレスのはけ口にした」などと指摘、弁護側は最終弁論で「懐かれない焦りがあった。本人も更生を誓っている」などとして懲役5年が相当だと主張していた。

起訴状によると、30年8~9月、次女葉月ちゃんに暴行を加えて頭の骨を折ったほか、10~11月に拳で断続的に頭を殴り、外傷性脳障害により死亡させたとしている。