Netflixで「韓国発」がアジアを牽引する理由と、その先のエンタメ業界に起きること(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

Netflixで「韓国発」がアジアを牽引する理由と、その先のエンタメ業界に起きること

ネットフリックスによる韓国オリジナル作品への年間投資額は、同社ではアジア最大規模の約5億ドル(約520億円)に上る。「ウェブトゥーン」と呼ばれる韓国独自のデジタルコミック発のドラマ「Sweet Home」に続き、国境を越えて支持されそうなストーリーが次々に全世界配信される予定だ。すでにNetflix日本オリジナルからも世界的な注目作が出ているが、実際のところ同社では韓国がアジアのリーディングポジションとみなされている。それはなぜなのか、Netflix作品の動向から理由を探った。

TEXT BY TOMOKO HASEGAWA

年間約5億ドル(約520億円)に上る巨額の製作額──。これはネットフリックスの韓国法人が今年2月25日に開催したオンラインイベント「See What’s Next Korea 2021」で明らかにされたものだ。これまでにネットフリックスが2016年から20年の間に約7億ドル(約730億円)を韓国発の作品に投資し、約80本の作品を全世界に配信していたことも明らかになった。

さらに、ネットフリックスの共同最高経営責任者でコンテンツ部門を長らく率いてきた最高コンテンツ責任者のテッド·サランドスは、韓国オリジナル作品のこれまでの実績を絶賛する言葉を残している。

「この数年、世界中の人々がNetflixで韓国の素晴らしい作品に夢中になりました。『キングダム』のゾンビに追われ、『BLACKPINK~ライトアップ・ザ・スカイ~』で一緒に踊り、『人間レッスン』で若者が置かれている現実と向き合い、『愛の不時着』ではカップルの誕生を見守りました。こうした物語の中心にあったのが、韓国なのです」

日本を圧倒する予算規模

ヒット作品と製作費は必ずしも比例するものではないが、1話あたりに費やす予算規模に日本とは大きな違いがあることは無視できない。例えば、Netflix韓国オリジナルを代表する「キングダム」(19年にシーズン1公開)は1話あたり約20億ウォン(約1.9億円)規模の製作費が投じられたとされる。これに対し、Netflix日本オリジナルを代表する「全裸監督」(19年にシーズン1公開)は1話あたり5,000万円の規模にとどまる。この違いは、韓国と日本のネットフリックスにおける年間投資総額の違いが要因として挙げられる。

韓国の法改正によって21年4月に初めて公表された20年度のネットフリックス韓国の決算概要によると、ネットフリックスの韓国における売上高は20年に前年比123.5%増の4,154億5,000万ウォン(約400億円)を計上している。営業利益は88億2,000万ウォン(約8億5,000万円)で、前年の3倍近く伸びた。

韓国でのNetflixの有料会員数は、20年末の時点で380万人に上る。有料会員から支払われた月額定額料金の総額は、1年間で3,988億ウォン(約383億円)を計上した。これは19年の総額1,767億ウォン(約170億円)から2倍以上の伸びである。

世界的に大ヒットしたNetflix韓国オリジナルシリーズ「キングダム」。このように主軸となる会員からの収入が好調に推移していることを背景に、今年は年間投資額が年間約5億ドル(約520億円)という前年の売上高を大きく上回る規模になったわけだ。これらはすべて、Netflix韓国オリジナル作品の製作に充てられていく。

有料会員数の上では、Netflixは日本で500万人(20年8月末時点)で、韓国のそれを上回る。だが、年間の作品に対する投資額はこれまでの1作品に投じる予算額からみても、韓国よりも上回ることはなさそうだ。

世界最大手の調査会社であるメディア・パートナーズ・アジア(MPA)がネットフリックスの韓国、日本、インドにおける年間(21年)の総投資額を約10億ドルと予測していることからも、この点は裏付けられる。韓国だけで3国の総投資額の約半分を占めるのだ。つまり、これらの数字を見る限り、Netflix韓国オリジナル作品がアジアのNetflixにおけるリーディングポジションに位置づけられている。