【正論10月号】リベラル化で自滅に向かう自民党 産経新聞論説委員・政治部編集委員 阿比留瑠比 - 産経ニュース

メインコンテンツ

正論10月号

リベラル化で自滅に向かう自民党 産経新聞論説委員・政治部編集委員 阿比留瑠比

二階俊博幹事長との会談に臨む菅義偉首相(左)。右は菅義偉首相との会談に臨む二階俊博幹事長=25日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
二階俊博幹事長との会談に臨む菅義偉首相(左)。右は菅義偉首相との会談に臨む二階俊博幹事長=25日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

※この記事は、月刊「正論10月号」から転載しました。ご購入はこちらをクリック

自民党が浮足立っている。というよりも、あれよあれよという間にもろくも自壊しだしたというべきか。中国・武漢発の新型コロナウイルス対応に対する国民の不満や不安が鬱積し、強いリーダー不在の中で党内秩序がぼろぼろになっていく様子は、平成二十一年九月の民主党への政権交代時を連想させる。

「菅義偉首相が何か大きな失政でもしたというのか」

自民党幹部の反論はもっともだが、コロナ禍での長引く自粛と逼塞の日々に対する国民の怒りや失望は、どうしたって政府・与党に向けられる。

菅政権は、無観客ではあったものの東京五輪は成功させた。感染力の強いインド由来の変異株(デルタ株)さえ出現しなければ状況は違っていただろうが、それを言ってもどうしようもない。

「何か自民党にとって明るい話、状況を変える材料はないか」

党ベテラン職員が嘆くように、打開策はなかなか見つからず、所属議員らからは「人心一新しかない」との声が高まっている。

非情かつ不合理だとは思うが、社会がその時の「空気」で動くのは間違いない。そしていったん、人々がそうだと思い込むと、それは違うと事実関係を示しても容易に説得できない。感情論の世界に入ってしまう。

「菅さんが五輪開会式で天皇陛下の開会のあいさつ時に座ったままだったことや、広島の平和記念式典のあいさつ文を読み飛ばしたこともそうだ。事務方の段取りが悪かったことや、単なる凡ミスも菅さんの大失敗にされた。今の菅さんは運がなくなっている。運のあるなしは大きい」

ベテラン議員はこう指摘する。デルタ株の猛威でワクチン接種という状況打開策の効果が限定されてしまい、ツキにも見放されたとなるとますます苦しい。

薄れる民主党政権の悪夢

こうなると自前の派閥を持たず党内基盤が弱く、周囲に人材も少ない菅首相の弱点が強調されることになる。

本来、菅首相を支え、党内をまとめる立場にある二階俊博幹事長がろくに衆院選候補者の調整もできず、自派の伸長にこだわっている。これでは党内統治は効かず、下も真似をする。

菅首相に起用された党幹部の立場にある下村博文政調会長や、野田聖子幹事長代行が総裁選出馬に意欲を示すというのも辻褄が合わない話である。

平成二十四年の総裁選時に、谷垣禎一総裁(当時)に起用された石原伸晃幹事長が立候補し、平成の明智光秀と言われて評価を落としたことを彷彿とさせる。令和の明智光秀になりたいとでもいうのだろうか。コロナ対策に打ち込むべき立場の人間が、自身の立身出世を優先する姿が国民にどう映るだろうか。

麻生太郎政権後期も、民主党政権のときもそうだった。党内がバラバラでトップの方針に従わず、決まったことを守らない。そうした与党の混乱に有権者は嫌気して政権交代を望んだのだった。

飲食店をはじめ国民が大変な思いをしているときに、自民党議員らが最優先課題だとばかりに党を二つに割ってまで推進したのは何か。経済政策でも国民を守るための憲法・安全保障論議でもなく、夫婦別姓や同性愛者ら性的少数者への理解増進を図るLGBT法案だった。そんな国民不在の議論にも辟易させられた。

その揚げ句が現在の混迷、ていたらくである。

第二次安倍晋三内閣発足後かなりの間は、少々不祥事があっても「民主党政権よりマシ」だという国民の経験と実感があったため、国民は自民党を選び続けた。

だが、「悪夢の三年三か月」の記憶も薄れつつあり、有権者も徐々に世代交代してきた。民主党の後裔たる立憲民主党などに対する嫌悪感や忌避感も弱まった。

続きは「正論」10月号をお読みください。ご購入はこちらをクリック

月刊「正論」10月号の表紙
月刊「正論」10月号の表紙

「正論」10月号 主な内容

【特集 続・令和の安全保障考】

勝てる軍事力を持て㊦ 前内閣総理大臣 安倍晋三/元陸上幕僚長 岩田清文/元内閣官房副長官補 兼原信克

台湾海峡危機・政策シミュレーション 日本はいかに抑止し対処すべきか まとめ 本誌編集部

中国の台湾侵攻 その意志を断て 政治学者・元在沖縄米海兵隊政務外交部次長 ロバート・D・エルドリッヂ

【特集 横暴国家・中国】

「在日ウイグル人証言録②」 肉親を〝人質〟にした情報工作 評論家 三浦小太郎

<証言1>サウト・モハメド「SNSによる懐柔と篭絡工作」/<証言2>ムラット・エルキン(仮名)「息子でも何でもないと言って構わない」/<証言3>由理知沙見(ユリチサミ) 帰化後も続く嫌がらせ

地方の廃校を狙う中国エリート学校 産経新聞論説副委員長 佐々木類

「台湾代表処」の衝撃 チャイナ監視台 産経新聞台北支局長 矢板明夫

【特集 五輪で浮かび上がったこと】

国民に夢を語るリーダーの不在 スポーツジャーナリスト 二宮清純×登山家 野口健

そんなに悪くないぞ 無観客開催 札幌国際大学人文学部教授(係争中)、民俗学者 大月隆寛

酷かったマスコミ報道の煽りと変節 経済評論家 上念司

祭典に欠けた国家と国民の団結 早稲田大学非常勤講師 大場一央

ずさんな日本ネタで国情院壊滅狙う韓国 ジャーナリスト 櫻井よしこ

頼りになる友邦 ベトナムの実像 前駐ベトナム大使 梅田邦夫

「表現の不自由展」は高校生の文化祭レベル 大和大学社会学部准教授 立花晃

陸自の精鋭育てるレンジャー教育に密着 ライター 渡邉陽子

【特集 自民党に問う】

日本を安全で力強い国にする 衆議院議員 高市早苗

緒方竹虎の思いと結党の原点を知れ 評論家 江崎道朗

リベラル化で自滅に向かう自民党 政界なんだかなあ 産経新聞論説委員兼政治部編集委員 阿比留瑠比

【特集 旧宮家の皇籍復帰】

天皇・皇族と国民の「差異」こそ重要 皇学館大学教授 新田均

「菊栄親睦会」と皇室との交流 明星大学戦後教育史研究センター 勝岡寛次

福井から男系をつないだ継体天皇 評論家 宮崎正弘

【特集 国家強靭化】

克服すべき3つの脆弱性 国土学総合研究所所長 大石久和

エネルギー基本計画 閣議決定阻止せよ キヤノングローバル戦略研究所研究主幹 杉山大志

日本の科学技術の破壊的イノベーションを 中部大学教授 山本尚

レーリンク資料が示す東京裁判の真実 産経新聞パリ支局長 三井美奈

平川祐弘連載と同時代を生きて 政治評論家 俵孝太郎