池上、ツアー初勝利ならず - 産経ニュース

メインコンテンツ

池上、ツアー初勝利ならず

【男子ゴルフ「第49回フジサンケイクラシック」最終日】9番ホール ティーショットを放つ池上憲士郎=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(戸加里真司撮影)
【男子ゴルフ「第49回フジサンケイクラシック」最終日】9番ホール ティーショットを放つ池上憲士郎=山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(戸加里真司撮影)

男子ゴルフの第49回フジサンケイクラシック(産経新聞、フジテレビなど主催)は5日、山梨県富士河口湖町の富士桜カントリー倶楽部(7566ヤード、パー71)で最終ラウンドが行われ、29歳の池上憲士郎は首位と4打差の2位だった。

9番で単独首位に立った池上は後半にスコアを伸ばせず、ツアー初勝利には届かなかった。ホールインワン賞のかかった16番(パー3)では「どうせなら800万円を」と8番アイアンで果敢に攻め、2・5メートルにつけてバーディーを奪ったが、決めれば単独2位だった18番のパーパットを外し「あれを入れ切るメンタルをつくらないと」と悔しさをかみしめた。

それでも繰り上げ出場から優勝争いに絡み、デビュー以降に手にした賞金総額の約3・7倍に当たる924万円を一気に獲得。「耐えるコースでよくやったかな」と手応えもつかんだ。