物体の模様が「人間の顔」に見えるのはなぜ そのメカニズムが研究で明らかに(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

物体の模様が「人間の顔」に見えるのはなぜ そのメカニズムが研究で明らかに

物体の形状や模様が“人間の顔”のように見えてくる──。専門用語で「顔パレイドリア」と呼ばれるこの現象のメカニズムについて、シドニー大学の研究チームが論文を発表した。研究結果によると人間の脳は、どうやら本物の顔とほぼ同じ方法で顔パレイドリアを処理しているようなのだ。

TEXT BY JENNIFER OUELLETTETRANSLATION BY YASUKO ENDO

ARS TECHNICA(US)

人間は視覚的なパターンを見つけ出すことが得意だ。なかでも、物体の形状や模様を“人間の顔”として認識するのが実にうまい。

例えば、米航空宇宙局(NASA)の火星探査機「バイキング1号」が1976年に撮影した「火星の顔」を思い出してほしい。あの顔は光と影がつくり出した錯覚にすぎないのだ。

それに、トーストの焦げや身近な食品の表面などにイエス・キリストの顔が浮かび上がっていると言い張る人も絶えない。「顔に見える物体」の画像を投稿するTwitterのアカウントも、かつては存在していた(いまは更新が停止している)。

このように物体が人間の顔に見えてしまう現象を、専門用語で「顔パレイドリア」と呼ぶ。シドニー大学の研究チームによると、人間は身の回りにある物体に顔の存在を見出すだけではない。人間の脳は、物体に見いだした“顔”の感情を、本物の顔を目にした場合と同じように処理する。決して誤検出として排除することはないというのだ。

「顔を認識する」ことの意味

こうした共通のメカニズムを人類が獲得したのは、目の前の相手が敵か味方か瞬時に見分ける必要があったからかもしれない。シドニー大学の研究チームは、生物化学分野ジャーナル「Proceedings of the Royal Society B」で発表された論文で、この現象について詳しく説明している。

論文の筆頭著者であるシドニー大学のデイビッド・アレーは、『ガーディアン』紙の取材に次のように語っている。「わたしたちは高度に発達した社会的な生き物であり、顔を認識することは非常に重要です。(中略)相手は誰なのか、家族か、敵か味方か、目的は何か、どんな気持ちなのか認識する必要があるのです」

そして、次のように続けている。「脳は顔を瞬時に検出しますが、そのために“ひな形”と合致させるような手順を踏んでいるようです。目がふたつ並んでいて、その下に鼻、さらにその下に口があるように見える物体を目にすると、脳は『おや、顔が見えるぞ』と考えます。ちょっと早とちりして間違うこともあるのですが、顔によく似た何かを見つけるたびに、ひな形を合致させる手順を始めるのです」

直近の体験の影響で判断は偏向

以前からアレーは、そうした顔の認識を中心にした研究に注目してきた。例えば、被験者に複数の顔写真を次々に素早く見せる実験によって、顔の認知と魅力の感じ方が直近で目にした顔からの影響で偏向することを実証した研究が挙げられる。この先行研究に基づいて、アレーたちは16年に自然科学系学術誌『Scientific Reports』で論文を発表している。

研究チームは出会い系サイトや出会い系アプリ(「Tinder」など)で相手を選ぶインターフェースを模倣し、被験者がパートナー候補のプロフィール写真を見て、魅力的か否かを判断して左右にスワイプする二者択一のタスクに基づいて実験をおこなった。その結果、顔の向きや表情、魅力、スリムかどうかの受け止め方を含む刺激属性の多くが、一貫して最近の体験の影響を受けて偏向していたことが明らかになったのである。

続いて19年に視覚神経科学分野ジャーナル『Journal of Vision』で発表した論文では、その実験的な取り組みを芸術鑑賞へと拡大し、人が美術館やギャラリーで絵画を見て評価を下す際には、絵画そのものの価値を基準にしているわけではないことを発見した。むしろ、人はむしろコントラストの影響を受けやすく、芸術を鑑賞するときにも継時刺激効果(現在の知覚が先行した刺激の影響を受ける現象)のバイアスがかかっているというのだ。

要するに、魅力的な絵画を見たあとのほうが、次に見た絵画をより魅力的であると判断するようになる。反対に、前に見た絵画がそれほど素晴らしくなかった場合は、次に見た絵画の魅力も薄れてしまう。