陸上女子400メートルの佐々木は7位 「足止まった」と反省 - 産経ニュース

メインコンテンツ

陸上女子400メートルの佐々木は7位 「足止まった」と反省

女子400メートル(視覚障害T13)決勝 力走する佐々木真菜=国立競技場
女子400メートル(視覚障害T13)決勝 力走する佐々木真菜=国立競技場

東京パラリンピック第12日の4日、陸上女子400メートル(視覚障害T13)決勝で佐々木真菜(東邦銀行)は58秒05で7位だった。

佐々木にとって女子400メートルは本命種目。決勝は最も内側のレーンから、格上の海外選手を追いかけた。154センチの小柄な体で懸命に走ったが、優勝者から3秒以上も遅れての7位。走力差に圧倒され「最後は足が止まってしまったのが残念」と反省した。

視界がすりガラスのように曇って見え、福島県の盲学校で競技に取り組んだ。現在は、健常者の有力女子選手が多く所属する東邦銀行の一員として鍛えている24歳。「たくさんのサポートがあってスタートラインに立てたことへの感謝」とトラックを去る際に深く一礼し、晴れ晴れとした表情を見せた。

ボトムコンテンツ