夫がコロナ感染の妊婦 受診拒否で流産 - 産経ニュース

メインコンテンツ

夫がコロナ感染の妊婦 受診拒否で流産

三重県は3日、県内に住む20代の妊婦が8月、新型コロナウイルスの濃厚接触者と認定され、PCR検査を受けていないことを理由に、産婦人科に受診を断られ、流産したと明らかにした。鈴木英敬知事は同日の記者会見で「より広く周産期の方をコロナから守る体制を取っていきたい」と述べた。県は、妊婦には無条件でPCR検査を受けさせるよう県内の保健所に通達する方針。

県によると、8月20日に夫が新型コロナに感染していることが分かり、女性は保健所から濃厚接触者と認定された。24日に腹痛と出血があったため、産婦人科を受診しようとしたところ、濃厚接触者でPCR検査を受けていないことを理由に拒否された。

25日に別の医療機関でPCR検査をし、帰宅途中に破水。搬送先の病院で流産が確認された。PCR検査の結果は陰性だった。