火山の噴火は、小規模でも世界を大混乱に陥れる 研究で特定された「危機地点」の存在(1/3ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

火山の噴火は、小規模でも世界を大混乱に陥れる 研究で特定された「危機地点」の存在

火山が噴火すると、場所によっては火山灰や津波などの影響でインフラが壊滅的な被害を受ける危険性がある──。そんな研究結果が、このほど公表された。なかでも地震活動の監視などの注意が求められるのは、重要なインフラが近接している7カ所の「危機地点」だ。

TEXT BY MATT SIMON

WIRED(US)

アイスランドにあるエイヤフィヤトラヨークトル火山が爆発し、欧州の空域に灰の雲が流れ込んだのは2010年春のことだった。このときヨーロッパ大陸では、第二次世界大戦以降で最大の航空障害(灰とエンジンは相性が悪い)が発生し、推定50億ドルの被害をもたらしている。

火山学者の分類によると、このエイヤフィヤトラヨークトルの噴火は中程度のものだった。火山灰や火山礫といった噴出物の量に基づく「火山爆発指数」では「4」だったのである。

これに対して1815年に起きたインドネシアのタンボラ山の噴火は「7」で、大気中に大量の物質が放出されたことで地球が冷え、広範囲にわたって農作物の不作を招いた。また、フィリピンのピナトゥボ山が1991年に噴火した際の指数は「6」だった。ところが、エイヤフィヤトラヨークトルの100倍の規模だったにもかかわらず、経済的影響は7億4,000万ドル(インフレ調整後の数字)だった。

これを受けて、科学誌『Nature Communications』に8月6日付で掲載された新たな論文では、エイヤフィヤトラヨークトルの噴火は“警告”であり、小規模な噴火であっても発生する場所によっては桁外れの悲惨な結果を文明にもたらす場合があると、ある研究チームが主張している。多くの死者を出すからではなく、海底ケーブルや航路といった大切なインフラの崩壊を招く恐れがあるからだ(世界が最近学んだように、スエズ運河で1隻の船が立ち往生しただけで破壊的な影響がもたらされる)。

特定された7つの「危機地点」

研究者らは、小規模な噴火の可能性がある活火山のそばに重要なインフラが存在している7つの主要な「危機地点(ピンチポイント)」を特定した。こうした危機地点で噴火が起きれば、エイヤフィヤトラヨークトルが空の旅を大混乱に陥れたように、甚大な経済的影響を連鎖的に引き起こす可能性がある。

「すべてが同じ場所にあると考え続けていました。こうしたシステムは、すべてが集中しているのではないかと考えていたのです」と、ケンブリッジ大学のCentre for the Study of Existential Risk(存在にかかわるリスク研究センター)の社会火山学者で、今回の論文の筆頭著者であるララ・マニは言う。「恐ろしいことです。なぜこれまで誰もこのことに触れなかったのでしょうか」

特定された危機地点のひとつは、コンピューターチップの主要メーカーがある台湾だ。iPhoneから自動車にいたるまで、あらゆるものにおける台湾製チップの重要性は、現在の(火山の影響ではない)チップ不足からもいやというほど明らかになっている。