タリバン「全土制圧」宣言 抵抗勢力は否定、戦闘継続も - 産経ニュース

メインコンテンツ

タリバン「全土制圧」宣言 抵抗勢力は否定、戦闘継続も

8月31日、アフガニスタン首都カブールで、米軍が残した装備を着用し駐留米軍撤退を祝うタリバン戦闘員(ゲッティ=共同)
8月31日、アフガニスタン首都カブールで、米軍が残した装備を着用し駐留米軍撤退を祝うタリバン戦闘員(ゲッティ=共同)

【シンガポール=森浩】アフガニスタンの実権を握ったイスラム原理主義勢力タリバンは3日、唯一完全に支配下に置いていない北東部パンジシール州の抵抗勢力に勝利し、「全アフガンを制圧した」と宣言した。タリバンは新政権樹立に向けた準備を進めており、正式な発足前に国内統一を誇示した形だ。一方、抵抗勢力側は制圧を否定しており、戦闘は継続する可能性がある。

タリバン指揮官は3日、ロイター通信に「全アフガンを制圧した。パンジシールはわが軍の支配下にある」と話した。3日夜には、首都カブールなど各都市でタリバン戦闘員が祝砲を放つ様子もみられた。

パンジシール州ではガニ政権で第1副大統領を務めたサレー氏らが反タリバン勢力を結集させている。タリバンと抵抗勢力側は8月下旬に一時停戦に合意したが、数日で戦闘が再開した。サレー氏はタリバンの制圧宣言を否定しており、「土地と尊厳を守るための抵抗は継続している」と主張した。

タリバンは新政権樹立に向けた最終調整を進めているが、閣僚人事をめぐって内部対立があるもようだ。4日にはタリバンに影響力を持つパキスタン軍情報機関「統合情報部」(ISI)トップがカブール入りした。タリバン側と何らかの協議を行ったもようだ。

新政権の主要ポストに女性は含まれない見通しで、カブールでは4日、女性活動家らが集まって抗議活動を行った。