9・11文書、機密解除指示、米大統領、遺族圧力受け - 産経ニュース

メインコンテンツ

9・11文書、機密解除指示、米大統領、遺族圧力受け

記者会見に臨むバイデン米大統領=3日、ワシントン・ホワイトハウス(AP)
記者会見に臨むバイデン米大統領=3日、ワシントン・ホワイトハウス(AP)

バイデン米大統領は3日、2001年9月11日の米中枢同時テロに関連する捜査資料などの文書をめぐり、機密指定を広範に解除するよう指示する大統領令に署名した。遺族らは解除されなければ、発生から20年の節目となる今月11日の追悼イベントにバイデン氏が出席することに反対すると圧力をかけていた。

米メディアによると、遺族らはサウジアラビア政府のテロへの関与を示す資料があると主張し、昨年の大統領選で9・11関連資料の機密解除を公約に掲げたバイデン氏側と協議を続けてきた。

大統領令は司法省などに対し、連邦捜査局(FBI)の捜査資料を含む文書の機密指定見直しを指示し、解除された文書を今後180日間で公開していくよう求めた。

AP通信によると、サウジの関与をめぐっては、過去の調査でサウジ人と一部実行犯の関係が指摘されたが、政府の直接関与は断定されていない。(共同)