【産経抄】9月4日 - 産経ニュース

産経抄

9月4日

「首相が『いつか分かってもらえる』と考えていたことが実際には伝わらず、誤解され続けたように思えてならない」。辞任を表明した菅義偉首相のことではない。平成19年9月、安倍晋三首相(当時)が持病の悪化で退任を決め、自民党総裁選が行われていた最中に抄子が書いたコラムである。

▼別の機会には、在任中人気を保った小泉純一郎元首相には、記者らに真意や背景を代わりに伝える安倍氏がいたが、「首相となった安倍氏には安倍氏役がいない」と記した。菅政権にも、多忙で口下手な菅首相を補佐し、そうした役割を果たす人物がいなかったように思える。

▼首相といえども一人では、国民のために実績を重ね大事を為(な)すのは難しい。「今の内閣が潰れたからつて、何が立派なものができようよ。当分は国民は繰り返し事を見物して居なけりやアならぬ」。勝海舟が明治31年、内輪もめで崩壊した第1次大隈重信内閣を評した言葉である。

ランキング

  1. 仏外相、対米豪「重大な危機」と警告 NATOへの影響明言
  2. 関西スーパー争奪 話題の激安オーケーの選択
  3. 自民総裁選、国会議員票は岸田、河野、高市氏に三分 決選投票も視野
  4. 米国境にハイチ人殺到 深まる「移民危機」
  5. 中国福建省でデルタ株拡大 秋の旅行シーズンに当局は流行警戒
  6. 宇宙船「クルードラゴン」地球へ帰還 フロリダ沖で着水
  7. 11年目の意外な実力とは 新型ニッサン・エルグランド・オーテック試乗記
  8. 踏切で立ち往生のシニアカー、衝突までの35秒
  9. 【総裁選ドキュメント】首相&二階氏対「3A」代理戦争の様相
  10. 【総裁選ドキュメント】自民・稲田氏が高市氏支持を表明 「国家観を共有」

メインコンテンツ