【皇室ウイークリー】(708)陛下、被災のハイチにお見舞い 上皇さま、長寿記録に並ばれる(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

皇室ウイークリー

(708)陛下、被災のハイチにお見舞い 上皇さま、長寿記録に並ばれる

信任状捧呈式に臨むため、皇居に入られる天皇陛下=8月27日午前、皇居・半蔵門(三尾郁恵撮影)
信任状捧呈式に臨むため、皇居に入られる天皇陛下=8月27日午前、皇居・半蔵門(三尾郁恵撮影)

天皇陛下は8月27日、皇居・宮殿で、カナダとナイジェリアの新任駐日大使の信任状捧呈式に臨まれた。31日にはセルビアとローマ法王庁の新任駐日大使から信任状の捧呈を受けられた。

宮内庁は27日、静岡県熱海市伊豆山(いずさん)地区で7月に発生し、27人の死者、行方不明者を出した大規模土石流災害で、スペイン国王とクウェート首長、コートジボワール、モンゴルの大統領から陛下宛てに見舞いの電報が届き、陛下がお礼の答電を送られたと発表した。一方、陛下は8月30日、14日に発生した地震で多くの死傷者が出るなど甚大な被害のあったハイチの首相に対し、見舞いの電報を送られた。陛下は各国の建国記念日や独立記念日、元首の誕生日などのほか、こうした大規模災害発生時にも電報のやりとりを通じ、国際親善に取り組まれている。

陛下は31日、お住まいの赤坂御所で、9月5日に予定されている東京パラリンピックの閉会式に陛下の名代として臨席される秋篠宮さまから、あいさつを受けられた。今回の東京五輪・パラリンピックでは、陛下は両大会の名誉総裁としてそれぞれの開会式に臨席し、開会宣言に臨まれた。一方、閉会式への臨席はいずれも秋篠宮さまが担われている。

信任状捧呈式に臨むため、皇居に入られる天皇陛下=8月27日午前、皇居・半蔵門(三尾郁恵撮影)
信任状捧呈式に臨むため、皇居に入られる天皇陛下=8月27日午前、皇居・半蔵門(三尾郁恵撮影)

陛下は1日、皇居・宮中三殿で宮中祭祀(さいし)の「旬祭」に臨み、国民の安寧を祈られた。皇后さまはお住まいの赤坂御所で慎み深く過ごされた。