菅首相「コロナ対策と両立できない」 総裁選不出馬を表明 - 産経ニュース

メインコンテンツ

菅首相「コロナ対策と両立できない」 総裁選不出馬を表明

自民党臨時役員会に臨む菅義偉首相(中央)、二階俊博幹事長(同左)ら役員=3日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党臨時役員会に臨む菅義偉首相(中央)、二階俊博幹事長(同左)ら役員=3日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

菅義偉(すが・よしひで)首相は3日、官邸で記者団に「私自身、新型コロナウイルス対策に専念したい思いで出馬しないと申し上げた」と述べ、自身の任期満了に伴う自民党総裁選(17日告示、29日投開票)への不出馬を表明した。

不出馬の理由について「首相になって1年間、新型コロナ対策を中心とするさまざまな国の抱える問題に取り組んできた。出馬を予定するが、新型コロナ対策と選挙活動には莫大(ばくだい)なエネルギーが必要で両立できない。新型コロナ対策に専念すべきだ」と説明した。