神戸で血流し倒れていた男女は重体 首や頭に傷 - 産経ニュース

メインコンテンツ

神戸で血流し倒れていた男女は重体 首や頭に傷

男女が倒れていた現場を調べる兵庫県警の捜査員=神戸市北区、令和3年9月2日午後11時56分
男女が倒れていた現場を調べる兵庫県警の捜査員=神戸市北区、令和3年9月2日午後11時56分

2日午後8時55分ごろ、神戸市北区星和台の路上で「男女2人が血を流して倒れている」と、近くに住む男性から119番があった。同市消防局によると、50代くらいの男性と70代くらいの女性がいずれも出血して倒れていた。付近には刃物が落ちていたという。2人は意識不明の重体という。

兵庫県警神戸北署などによると、男性は首に切り傷を負い、女性は頭部から血を流していた。救急隊員が駆け付けた際、女性は呼びかけにうなずくなど応答していたが、搬送後に意識を失ったという。同署は2人が家族の可能性もあるとみて、身元や経緯を調べている。

現場は神戸電鉄粟生線西鈴蘭台駅から南に約1キロの住宅街。