南アフリカから欧州へ出荷のワクチン返品 大統領ら介入 - 産経ニュース

メインコンテンツ

南アフリカから欧州へ出荷のワクチン返品 大統領ら介入

南アフリカで製造され、欧州向けに出荷された米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンが、欧州各国での使用前にアフリカ側に返品されることが、2日分かった。アフリカ連合(AU)のワクチン担当特使が明らかにした。ロイター通信などが伝えた。

南アのラマポーザ大統領や、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長の介入があったという。アフリカ諸国での接種完了率は3%程度にとどまっており、アフリカから先進地域へのワクチン輸出は「接種格差」を助長するとして批判を受けていた。

J&Jは南アの製薬会社アスペンと契約。ワクチンの中間製品を南アに運び入れ、アスペンの工場で完成品にしていた。欧州向けのこれまでの出荷量は2千万回接種分未満という。(共同)