【パラ 番外編】車いす、義足選手らで「アビイ・ロード」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

【パラ 番外編】車いす、義足選手らで「アビイ・ロード」

パラリンピックの選手村で、日本のトライアスロンチームがビートルズのアルバム「アビイ・ロード」のジャケットをまねて撮影した写真(谷真海さん提供)
パラリンピックの選手村で、日本のトライアスロンチームがビートルズのアルバム「アビイ・ロード」のジャケットをまねて撮影した写真(谷真海さん提供)

横断歩道を悠々と渡る義足や車いす、視覚障害の選手たち―。東京パラリンピックの選手村で、日本のトライアスロンチームがビートルズの有名アルバム「アビイ・ロード」のジャケットをまねて撮った写真が反響を呼んでいる。大会招致の立役者でもある谷真海(39)がツイッターに「みんなちがって、みんないい」とのコメントを添えて投稿し、2万件を超える「いいね」が集まった。

谷のマネジメント会社によると、写真には谷のほか、銀メダルの宇田秀生(34)や、視覚障害で銅メダルの米岡聡(35)とガイドの椿浩平さん(29)ら計7人が納まる。選手村の横断歩道は五輪選手の間でも人気撮影スポットとなった。

谷が撮影を提案し、トライアスロン競技が終わった翌日の8月30日にチームのスタッフがシャッターを切った。

ボトムコンテンツ