大谷、8月月間MVP受賞ならず - 産経ニュース

メインコンテンツ

大谷、8月月間MVP受賞ならず

エンゼルス・大谷(共同)
エンゼルス・大谷(共同)

米大リーグ機構は2日、8月の月間最優秀選手(MVP)を発表し、ア・リーグの投手部門はブルージェイズの先発左腕レイ、ナ・リーグはカージナルスの先発右腕ウェインライトだった。3勝0敗のエンゼルスの大谷はアの投手部門で得票を得たが、野手部門での6、7月に続く受賞はならなかった。

野手部門はアがホワイトソックスの内野手アブレイユ、ナがロッキーズの内野手クローンが選ばれた。

レイは1勝0敗、防御率1・76で初、ウェインライトは5勝1敗、防御率1・43で3度目の選出。アブレイユは打率3割3分、10本塁打、25打点で3度目、クローンは打率3割8分7厘、11本塁打、34打点で初受賞。

月間最優秀新人はアがレッドソックスの内野手ダルベック、ナはカブスの内野手シュウィンデルが輝いた。(共同)